スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が似合わない夏男たち

夏のぬけがら
東京のミュージシャンで
大森元気という男がいる。
以前「残像カフェ」というバンドで活動していた。

僕らも何度か共演させてもらってる。
彼の外見は「レトロ」「浪人生」「インドア」である。
でも彼と話しをしていると
すごく「アバンギャルド」で礼儀正しく情の深い人で、
内に秘める情熱は僕なんかよりだいぶ熱い。
活動的で社交性もある立派な大人だ。

何よりも僕の他愛なくオチの無い話を
聞いていても最後まで相づち打ちながら聞いてくれる優しい人。

実は見た目とは逆に夏という季節がお似合いだと
彼の歌を聴いてると思う。

チューブやサザンの「夏のイメージ」とは違う。
夕立の後のアスファルトの匂いやアイスキャンディー(ソーダ味)、
風鈴の音色や打ち水の風景がよく似合う。

ちなみに、東京の「パウンチホイール」というバンドの青木君の歌も
夏を感じてしまう。(本人も夏が大好きと言っていたし)

二人とも最近は会わないけど元気でやっているかなぁ?
できれば夏にお会いしたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。